金剛化学株式会社
<2018年新卒採用>



業種
医薬品/ファインケミカル
企業PR
金剛化学は、昭和16年10月にビタミンB1を合成・製造する企業として創業以来、有機合成のチカラで数々の医薬品原薬等を国内外の製薬メーカーに供給して来ました。製品としてVitamine B1誘導体、各種抗ヒスタミン剤、循環器系薬剤、鎮痛剤等、約30品目以上の製品があります。その製品群の中には「世界シェアNo.1」、「国内生産オンリー1」の優れた製品もあります。
 また、当社は、これまでの70年余りの経験で培った有機合成技術をさらに進化させ、国内最大級の超低温反応(-90℃)、高温反応、水添反応等の得意技術を活用し、近年は、新薬メーカーとの共同開発や、ジェネリック医薬品原薬の開発・製造等の分野にも積極的にチャレンジしています。
 化学と生命の進化に貢献する為に、常に技術の進歩への不断の努力を積み重ねて社会が必要とする製品を供給する、これが私たちの使命です。情熱をもって「モノづくり」にチャレンジしたい方の応募をお待ちしております。
求める人物像と人材育成のための制度
■求める人物像
・有機化学、化学工学の知識、知見
・あらゆるものに興味を持つ姿勢
・知識を知恵に転化できる人

■キャリアアップのためのサポート
 取引先への満足向上には人材の育成が最優先と考えています。
1. 学会、関係団体が主催する講習会などへの参加。
2. 社内研修による知識・技術の習得。
3. 各種資格取得、通信講座受講の促進 など、会社の費用負担で積極的に推進しています。

■留学制度
 4年制大学卒業者で当社に就職される方には、大学院留学制度があります。

■専門職制度
 専門領域における技量・専門性に優れている方を登用する制度です。
本社所在地
富山市日俣3番地
事業所
【東京営業所】東京都中央区日本橋本町4-1-12
【大阪営業所】大阪市中央区高麗橋4-7-5
事業内容
■ 医薬品の原薬の製造
 国内の製薬メーカーに約30品目の医薬品の原薬(有効成分)を供給しています。
 その内の5品目については、海外当局の承認を得て世界各国に輸出を行っています。
 また、近年、ジェネリック医薬品に対する関心も高く、私たちは、「高品質」&「低コスト」の原薬を市場に供給する事で人々の健康に貢献したいと考えています。

■ 医薬品原薬および中間体の受託製造
 「超低温反応」、「高温反応」、「接触還元反応」等、得意技術を駆使した受託事業を展開しています。
 経験豊富なプロセス開発・改良力でお客様をトータルサポートしたいと考えています。

■ 治験用原薬等の試験製造
 いかに効率よく製造方法を確立し供給体制を整えるか、臨床試験の段階から製造段階まで各段階におけるスケールアップ手法は極めて重要なポイントとなります。
 私たちは、「フラスコ」から「kg」そして「ton」スケールまで一貫した品質で製品が供給できるように研究・開発・品質保証・製造のスタッフが連携して業務にあたっています。
設立/創立
創業:1941年(昭和16年)10月 /設立:1945年(昭和20年)4月
資本金
3,000万円
売上高
37億円(2016年度)
従業員数
190名
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.