株式会社テクノプロ テクノプロ・R&D社
<2018年新卒採用>

本社

埼玉ラボ

埼玉ラボ

素材化学

エネルギー

環境
業種
総合化学/石油化学/高分子/医薬品/化粧品/農薬/ファインケミカル/無機化学/資源化学/電子材料/エネルギー/環境/化学工学/バイオテクノロジー/食品化学/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
(株)テクノプロ テクノプロ・R&D社は、化学・材料・医薬・バイオ分野の研究開発に専門特化したスペシャリスト集団です。最先端の研究開発に取り組む250を超える上場企業・大学・公的研究所等に対し、926名の研究員が常に斬新なアイデアと技術力を提供し、名実ともに実績を重ねています。

また、新入社員も1年目から研究開発に携わり、将来的にも様々なスタイルで研究開発に携わることが可能なこともテクノプロR&Dの大きな特徴です。

『研究が好きで、社会人になっても続けたい』『研究開発シーンにおけるプロフェッショナルになりたい』『専門分野を活かし研究開発に携わりたい』『新たな分野にチャレンジしたい』など様々な思いの方とお会いできることを期待しています。
研究者として成長できる環境・フィールド
私たちテクノプロR&D社は、化学・バイオ分野に専門特化し、上場企業・大学・公的専門機関と共に研究開発に取り組み、トップクラスの実績を残してきました。業界のパイオニアとして幅広い分野で最適なソリューションを提供する研究員は926名、そのほとんどが修士課程を修了し、博士号取得者も154名と、様々な分野のプロフェッショナルとして活躍しています。

私たちが求めているのは、純粋に、高い学術知見を備え、「研究者としての道を歩み続けたい」と考える人。皆さんが学生時代に打ち込んできた研究内容やそれに関する発表が、そのまま、皆さん自身を評価する力強い履歴書となります。ぜひ、あなたの研究を熱く語ってください。
研究者として成長できる環境・フィールド
研究者集団である私たちの武器は、社員一人ひとりの「研究開発力」です。そのための知識や技術、経験を積むことが出来る環境への投資は惜しみなく行っています。

最新の分析機器(HPLC、GC/MS、NMR、FT-IR、SEM-PMA、XRD、ESCA、共焦点レーザー顕微鏡、三次元HPLC、顕微IR、FACS、EPMA、TEM)の研修や、各分野の第一人者を迎えた定期的なセミナー、技術図書購入費の補助、論文報酬、学会参加費補助、資格取得受験料補助……など、研究者としての成長には、不自由のない環境を整えています。
全ては、働く研究職員が障害なく目の前の研究に打ち込み、技術や知見を高め、研究者としての最先端の仕事に自信を持って向き合ってもらうためです。
一分野を極める道も、様々な分野に精通する道もあります
テクノプロR&D社では医療・医薬品、機能性材料・素材、ナノテクノロジー、エネルギー・環境、半導体関連など、幅広い分野の研究ニーズが存在しています。有機化学、高分子化学、無機化学、物理化学、電気化学、生化学、分子生物学、免疫学など、学生時代に培った知識や経験を活かせる分野で、1年目から力を発揮できるのはもちろん、最先端の研究開発に携わることで研究者として成長できるプロジェクトに携わっていただきます。

この研究ニーズの幅広さは、一分野の専門家として深く関わっていくだけでなく、キャリアを積むに連れ、他の分野への挑戦によって自らの視野や知見を高めたいという研究者にとっても魅力的な環境となっています。
本社所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー35階
事業所
【本社】
東京(東京都港区六本木)

【事業所(全12拠点)】
・仙台支店、つくば支店、宇都宮支店、千葉支店、東京支店、横浜支店、静岡支店、名古屋支店、京都支店、大阪支店、広島サテライト、福岡支店

【研究所】
・柏リサーチセンター、埼玉リサーチセンター、神戸リサーチセンター、鳥取リサーチセンター
事業内容
化学・材料・医薬品・医療機器・化粧品・食品・バイオ分野の研究開発業務

【研究開発業務のアウトソーシング】
研究員が、個人またはチーム構成によりクライアントが課題としている研究開発を行います。

【リサーチセンターでの受託研究】
自社研究所にて業務を行います。化学系の埼玉リサーチセンターでは機能性材料・医薬中間体の合成など、バイオ系の神戸・柏リサーチセンターではvivo/vitro試験など多岐に渡る業務を行います。また、2016年4月には鳥取リサーチセンターを新設。今後も積極的な設備投資を行っていきます。メンバーは研究員の中から選抜されます。

【技術コンサルティング業務】
新技術・新製品の開発、新たな技術課題の発生、新分野への展開など、クライアントが自社内でまかなえない高度な専門技術や、冷静な第三者の視点が必要となった際に、当社の経験豊富な研究員のアイデアや具体的な解決プランでサポートします。
設立/創立
1988年10月
資本金
1億円
売上高
49億円(2016年6月期)
従業員数
985名(2017年4月現在)
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.