JNC株式会社(チッソ株式会社の事業承継会社)
<2018年新卒採用>

PE用インク

ディスプレイ材料

水力発電所

複合繊維

高機能フィルム

被覆尿素肥料
業種
総合化学/石油化学/高分子/ファインケミカル/無機化学/電子材料/エネルギー/環境/化学工学/バイオテクノロジー
企業PR
JNCは、1906年「曾木電気株式会社」として創業以来、肥料や塩化ビニル等の樹脂、薬品、合成繊維、ファインケミカル製品、水力発電による電力供給等、数々の分野の技術開発・製品開発において、常に独自技術を開発しその先駆けとなってきました。
JNCは今年創業110年目を迎えましたが、既存の価値観にとらわれない独創力と技術を駆使し、明日の社会に貢献する素材・価値を提供していきます。
3年未満の社員の仕事内容紹介
新入社員研修では、ものづくりの基本である三交替勤務や先輩社員指導のもと研究を行う改善検討を1年かけて行います。
2年目の本配属後は、各分野で活躍して頂くことになりますが、若くてもやる気と能力があれば責任ある仕事が出来るのが特徴であり充実した会社生活を送れます。
JNCは、職場を越えた人と人とのつながりが深い会社であり、社内のスポーツ大会等行事が盛んに行われています。
また地域に根ざした行事にも積極的に参加しています。
教育制度
人材育成制度には、職能別、選抜選択型、語学、特許等の研修があります。また、「技術研修派遣制度」として、最新の知識・技術を学び、それをJNCの企業活動に役立てることを目的とし、国内外の大学・研究機関に派遣される制度、資格取得奨励制度のほか、自己啓発のための通信教育など多くの制度を完備しています。
事業
「情報」「素材」「衛生」「発電」をキーワードに以下の事業を展開しています。
「機能材料分野」
JNCの代表的な製品である液晶に続き、有機EL、プリンテッドエレクトロニクス(PE)などJNCの技術力を駆使した製品で社会の進歩に貢献します。
「エネルギー・環境分野」
JNCの持つノウハウを活かし、水力発電をはじめとした再生可能エネルギーの拡大へ向けて、新たな社会の実現を目指します。また、環境負荷低減を実現する製品技術、時代の先を見据えた研究開発により国内外への展開を進めています。
「加工品分野」
原料である樹脂レベルの研究から生まれた繊維製品をはじめ、樹脂加工品など生活のあらゆるシーンでJNCの製品は使われています。
「化学品分野」
当社の石油化学製品は、私たちのあらゆる生活のシーンにおいて、快適な暮らしづくりに貢献しており、特徴ある石油化学製品によっては技術ライセンスも積極的に行っています。また、バイオ技術を駆使した特長ある製品展開も行っています。
本社所在地
東京都千代田区大手町2丁目2-1 新大手町ビル9階
事業所
事務所:大阪
研究所:横浜、市原、守山、水俣、富士
工場:市原、守山、四日市、戸畑、水俣、富士
海外:アメリカ、ドイツ、デンマーク、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム他
事業内容
液晶・有機EL等の電子材料、ファインケミカル製品、合成樹脂、工業製品、シリコン化合物、化学肥料、合成繊維、バイオテクノロジー製品などの製造販売及び水力・太陽光などクリーンエネルギーの電力事業等
設立/創立
2011年設立/1906年創立
資本金
311億5,000万円
売上高
1,718億円, 2016年3月
従業員数
3,312名(2016年3月)
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.