神戸天然物化学株式会社
<2018年新卒採用>

医薬原薬工場

バイオ分野の拠点

化学実験室

化学実験室

分取精製

微生物培養
業種
総合化学/石油化学/医薬品/農薬/ファインケミカル/電子材料/バイオテクノロジー/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
私たち神戸天然物化学は、大手メーカーや大学等の公的研究機関から有機化合物の受託合成研究・製造依頼を受け、研究・開発・製造を行っています。

サンプル合成から試作、量産までをスピーディーに一貫サポートできる事が強みです。
受託試作から受託生産まで業容を拡大し、有機合成技術のみならず、バイオ技術も駆使して、医薬・電子材料分野の新しいものづくりに貢献しています。

最近では、従来の低分子医薬品原薬に加え、ペプチド医薬・核酸医薬などの中分子医薬への参入など積極的に事業を拡大中です!

有機合成分野からバイオテクノロジー分野など、最先端技術に接する機会が多く、常に新しい技術やノウハウを吸収できる当社で、『まだどこにもない』を生み出す化学のプロになりませんか?
■高学歴集団と取り扱う開発テーマ数
当社の社員は、化学、薬学、理学、農学、生命科学と多種多様な分野から集まった高学歴集団で、 博士13%、 修士36%、 大卒29%の割合となっています。年間延べ100社から年間800テーマの仕事依頼を受けて、ものつくりの研究開発、製造を行う技術集団です。
■充実した社内制度
【プロ社員養成制度】
自己啓発促進支援の一環として、資格取得、専門スキル、語学、ビジネススキル等、自分で毎年目標とするテーマを決め、それを会社に申告することで10万円までの費用補助を受けられる制度です。 

日本能率協会マネジメントセンターの通信教育講座も推奨しています。

【職務調査】
社員が自身の現在の状況や職務に関する希望、展望などを直接会社へ伝える制度です。
直接人事部へ自己申告をすることにより、率直な社員の声や意思・意見を受け取り、会社として経営施策や業務改善、人事異動等に反映させていくと共に、社員自身も今後のキャリアプランを見つめなおす機会を設けています。
■多様な研修制度
【人材育成プログラム】
神戸天然物化学は、社員一人ひとりが自主的に能力開発に取り組み、その能力を最大限に発揮していける風土をつくるため、様々な人材育成プログラムを行っています。
★詳しくはコチラ→ http://www.kncweb.co.jp/recruit/training.html

具体的には…                     
【新入社員研修】
新入社員マナー研修、システム研修、安全講習、社内見学ツアー等
【フォローアップ研修(入社1年後)】
入社一年後の実務への取組み度、1年を振り返っての各自発表、グループワーク等
【オフサイトミーティング】
社内コミュニケーション促進の一環として、経営者と従業員が直接対話する機会を約2か月に1度設けています。色々な部署や年齢層の社員が集い、お互いに日々の職務から離れてざっくばらんに意見交換を行ったり、直接社長と意見を交わすことで、会社の団結をより深める事のできる良い機会になっています。
本社所在地
■本社 (兵庫県神戸市西区高塚台3−2−34)
事業所
■神戸研究所・神戸工場 (兵庫県神戸市西区高塚台3−2−34)
■岩岡工場 (兵庫県神戸市西区上新地3-10-2)
■KNCバイオリサーチセンター (兵庫県神戸市西区室谷1−1−1)
■市川研究所 (兵庫県神崎郡市川町西川辺527)
■出雲工場 (島根県出雲市長浜町1372−12)
■東京営業所 (東京都千代田区神田紺屋町6 大矢ビル5F)
事業内容
お客様のニーズに応じた付加価値の高い研究開発に取り組み、受託生産、医薬品原薬及び、電子分野での機能性材料の製造・バイオ関連事業への参入など積極的に事業を拡大中。
サンプル合成から試作、量産までをスピーディーに一貫サポートできることが強みです。
受託試作、受託生産まで業容を拡大し、有機合成技術のみならず、バイオ技術も駆使して、医薬、電子材料分野の新しいもの作りに貢献しております。
大手メーカーや大学等の公的研究機関から有機化合物の受託合成研究・製造依頼を受け、研究・開発・製造を行っています。
医薬分野、電子材料分野、遺伝子組み換え微生物を利用したバイオテクノロジー事業等で活躍しています。
設立/創立
1985年2月1日
資本金
1億円
売上高
45億円(2016年3月期実績)、50億円(2017年3月期予想)
従業員数
234名(2017年1月現在)
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.