川研ファインケミカル株式会社
<2018年新卒採用>
業種
医薬品/ファインケミカル
企業PR
 当社は、ライフ事業部、ファイン事業部を2つの柱として事業を展開しています。
 ライフ事業部では界面活性剤や香粧品関係、ファイン事業部では触媒(スポンジ、貴金属)、受託水添、医薬品バルク、医薬中間体関係の合成、インキのゲル化剤、プラスチック用滑剤などを扱っています。
得意分野である界面活性剤・有機合成品・金属触媒・有機金属化合物等において、グローバルな舞台でオンリーワンの製品開発を行っています。
 化学が秘めた無限の可能性を追求し、チャレンジを続けてきた当社の起源は、川上八十太理学博士が技術相談、受託研究を目的に創業した川上研究所。「技術」と「研究」を業務の柱とするあり方や、情熱を持って化学の新しい価値を創造する精神は、現在まで連綿と受け継がれています。昨年10月に創業70周年を迎え、心を新たに80周年へスタートしました。
本社所在地
本社/東京都中央区日本橋堀留町2丁目3番3号
事業所
大阪営業所/大阪府大阪市中央区淡路町1丁目2-6
埼玉工場/埼玉県川越市中台2丁目2-10
福井工場/福井県越前市北府1丁目3-34
静岡工場/静岡県磐田市塩新田字荒浜582
事業内容
油脂化学製品・合成化学製品・触媒・医薬品中間体・医薬部外品・香粧品等の製造販売及び輸出入、受託研究、技術相談、装置設計・製作

【ライフ事業部】
 安全性と機能性の高い各種界面活性剤、化粧品基剤等の研究・開発及び各種界面活性剤を配合した、安全性が高く人と環境にやさしい各種化粧品及び医薬部外品の受託製造(OEM製造)を行っています。

【ファイン事業部】
 触媒と触媒技術をベースとした受託水添や医農薬中間体の合成をはじめ、インキや塗料向けのアルミニウム有機化合物、プラスチック用の滑剤や高分子系分散剤、さらに自社技術から生まれた化成品等機能性豊かな製品群がそろっています。
設立/創立
1945年10月
資本金
4億8000万円
売上高
130億1600万円
従業員数
311名
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.