三菱ケミカル株式会社
<2018年新卒採用>

本社外観

工場夜景

クリンスイ

ダイヤミロン

炭素繊維

植物工場
業種
総合化学/石油化学/高分子/ファインケミカル/無機化学/電子材料/エネルギー/環境/化学工学/食品化学/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
2017年4月に発足する三菱ケミカル株式会社は、現在の三菱化学・三菱樹脂・三菱レイヨンが一つになって生まれる日本最大の総合化学メーカーです。3社がこれまで培ってきた最先端の技術力をかけあわせ、素材から機能商品まで多種多様な製品を生み出し、あらゆる産業の基盤を支えていきます。この新たなリーディングカンパニーで、あなたも自分の可能性に挑戦してみませんか?
3社統合について
お客様への価値創造、新たな価値創造

3社の持つ経営資源(人材、技術、情報等)を最大限に活用できる体制を構築し、各事業の更なる成長を図ることで、コスト競争力の強化を実現します。

<人材の最大限活用>
現在約4万人の社員が国内40拠点、海外200拠点以上で活躍をしています。三菱ケミカル株式会社では、適材適所を推進し、人材を最大限活用します。

<技術・情報の最大限活用>
各社の持つ研究資源や情報を最大限活用し、研究開発やマーケティングにおける協奏を強化することで、新たな製品開発、市場開拓を加速し、高成長・高収益型の事業体を実現します。
グローバル展開
三菱ケミカル株式会社では、現在各地域にある各社の経営資源を統合し、さらなるグローバル化を推進していきます。アジア等の成長性の高い市場での存在感を強め、同時にグローバルなオペレーション体制を整備していきます。

グローバル展開の加速
海外売上高比率を43%から50%へ拡大!
世界各エリアにおける事業支援強化と共に、事業部門間の協奏を推進!
求める人材像
複雑に、激しく変化し続ける世界の中で存在感を発揮していくためには、グローバルな視点・視野を持ち、本質的な課題設定を行い、素早く対応をする力が求められます。

必要とされる人材像!
‖人佑焚礎祐僂鰺解できる
世界を舞台に活躍するために、国内の現状だけにとらわれることなく、グローバルな視点を持つ。
国や文化の違い、個々人の考え方を理解し、尊重し合う。

⊆ら課題を見つける
激しい環境変化の中で、既存の概念にとらわれず「こうしてみたい」、「こうありたい」というやわらかな発想を持つ。 社会のニーズを的確に捉え、本質的な課題を自ら見出す。

周囲を巻き込む
決して1人では完遂できない課題だからこそ、周囲の協力を得るために、積極的にコミュニケーションを図る。
そして、異なるアイデアを持つ人、異なる立場の人にも働きかけ、同じ目標に向かってチームワークを発揮する。

つ戦し続ける
転んでもただでは起きないしぶとさをもって、妥協せずしっかりと考えながら成果を生み出す。
誇りと使命感を持ち、次のステージに向かって新たな挑戦を続ける。
本社所在地
東京都千代田区丸の内1−1−1 パレスビル
事業所
研究所 【横浜・鶴見(神奈川)、平塚(神奈川)、四日市(三重)、大竹(広島県)、豊橋(愛知県)、黒崎(福岡)、水島(岡山)、長浜(滋賀)】 他 
     
事業所 【鹿島(茨城)、平塚・小田原(神奈川)、豊橋(愛知)、四日市(三重)、長浜(滋賀)、直江津(新潟)、水島(岡山)、大竹(広島県)、坂出(香川)、黒崎(福岡)】 他

本社(東京) 支社(大阪、名古屋、博多、札幌)    他
事業内容
高機能材料、石油化学製品、情報電子などの分野における各種化学製品の研究・開発・製造・販売機能 
設立/創立
1950年6月1日
資本金
未定
売上高
38,231億円 (連結売上高:2016年3月期 3社単純合算値)
従業員数
68,988人 (2016年3月31日現在 3社単純合算値)
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.