岩城製薬株式会社
<2018年新卒採用>
業種
医薬品/ファインケミカル
企業PR
〜人類の保健を担って社会に貢献〜

岩城製薬は1931年の創業から今日まで独創的な技術を有する企業として医薬品・ファインケミカル分野に向けた高品質で使いやすい製品を社会に提供してきました。
医薬品部門は皮膚科領域においてはジェネリック医薬品で国内トップの品目数、製品別シェア実績を有しております。またOTCではうがい薬やビタミンC末なども市場から高い評価を頂いています。
ファインケミカル部門は医療用・一般用医薬品原料、化粧品原料、医薬中間体、電子材料、情報記録材料などを製造しています。
「世界初」
「日本で唯一」
当社で「世界初」「日本で唯一」の製品が生まれています。

「世界初」では緑内障やドライマウスの薬に使用される「ピロカルピン塩酸塩」は工業的な全合成に世界で初めて成功しました。また「日本で唯一」は風邪薬などに使用される「フェニレフリン塩酸塩」を国内で唯一製造しており世界2 位のシェアを有しています。
岩城製薬では研究から製造までの広範囲の開発プロセスにかかわることになります。
ものづくりの好きな方、意欲的な方を求めています。
本社所在地
■本社
〒103-8434 
東京都中央区日本橋小網町19-8 IW 日本橋ビル
事業所
蒲田事業所 東京都大田区
静岡事業所 静岡県掛川市
事業内容
医薬品部門の製剤技術、ファインケミカル部門の有機合成技術の2 つのコア技術を
軸に事業を行っております。また、両部門とも受託製造も積極的に行っております。

◆医薬品部門
 医療用医薬品、一般用医薬品の開発・製造。
◆ファインケミカル部門
 医薬品原料、電子材料、情報記録材料などの開発・製造。
設立/創立
1948年9月24日
資本金
2億1千万円
売上高
84億4,000万円
従業員数
290名
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.