株式会社三若純薬研究所
<2018年新卒採用>

本社

衣浦工場

製造設備

仕事風景

仕事風景

仕事風景
業種
高分子/医薬品/ファインケミカル/電子材料/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
三若純薬研究所は、1950年に創業しました。
無機化学品の小分け・配合からスタートし、今では、精密化学薬品などの受託製造販売、及び、弊社オリジナルのレジスト剥離剤や金属表面処理薬などの機能性配合剤を開発・製造しています。
「誠実なモノづくりを心掛け」おかげさまで創業より60余年、自動車産業や窯業をはじめとして、食品、医薬品、化粧品、化学品中間体、電子部品、航空宇宙など様々な分野の製造業様にお引き立ていただくようになりました。
受託製造販売では、実験室での検討から実機での試作までを一貫して専属の技術員が担当し、ケア出来る体制をとっており短期間での実機移行を検討されているお客様には、大変ご満足を頂いております。
機能性配合剤では、オリジナル製品の他、お客様の要望に応じたオーダーメイド品開発にも対応しています。長年培った技術力、堅実な社風とチャレンジ精神により、顧客より高い評価を得ております。
私たちの作る化学薬品を通じて、日本の製造業の縁の下での存在感を高めるよう、誠実に努力を続けたいと考えております。
前向きでチャレンジ精神旺盛な方、モノ創りに喜びを見いだせる方、一緒に働きませんか?
先輩社員の声
年数:入社3年目 所属:テクニカルサービスDiv

〜より良い製品を提供できるよう日頃から心がけています。〜
■どんな仕事を担当しているか。
主に有機化合物の受託合成を担当しています。お客様からご開示頂いた処方、技術情報を元に、ラボスケールで検討を行い、手法の確立を図ります。収率の向上、作業効率の改善、工程の短縮化等を検討しています。品質評価の際には、分析、測定等も行います。
また、量産(量産技術確立)までの対応、また、実機製造の際には現場に立って指導員として製品に携わることもあります。
■どんな気持ちで仕事に取り組んでいるか。
お客様との打ち合わせで、直接お客様の声が聞けるため、モチベーションを持ちながら仕事に取り組んでいます。より良い製品を提供できるように、日頃から心がけています。
一貫した体制
三若純薬研究所では、実験室でのラボ検討から実機での試作、量産の立ち上げまでを一貫して専属の技術員が担当し、ケア出来る体制をとっております。
お客様とのお打ち合わせには、営業担当者とともに技術員も訪問します。
検討前であれば、お客様のご希望に沿えるようすり合わせを行い、
検討終了後や試作終了後には、ラボ検討結果報告や試作結果及び今後の打ち合わせをさせて頂きます。
(1)お問合せ・打合せ
(2)ラボ検討及び評価
 ・化合物の文献調査を行います。
 ・ラボスケールによる検討を行い、実機製造処方の確立を図ります。
 ・直ちに実機試作に移行できるよう検討当初から実機生産者を交えて
  何度も打ち合わせを行いつつラボ検討を行います。
(3)試作及び本格製造
 ・実機試作移行時にはラボ検討を実施した担当技術員が指導員として現場に立ち会いま 
  す。
(4)納品及びご報告
 製品を納品させて頂きます。
本社所在地
〒454-0011 愛知県名古屋市中川区山王一丁目6-35
事業所
衣浦工場:〒475-0032 愛知県半田市潮千町1番7号
事業内容
特注化学品製造メーカーとして、機能性配合剤、受託合成品の2つを軸に事業を行っております。
▽機能性配合剤
 顧客の要求性能を満たす製品の開発・製造
 工業用洗剤、剥離剤、研磨剤 等
▽受託合成品
 顧客からの具体的な依頼品の開発・製造
 医薬中間体、染料、電子材料原料 等の開発・製造
設立/創立
1950年4月
資本金
3,650万円
売上高
6億3,500万円(2015年度)
従業員数
34名
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.