株式会社合同資源
<2018年新卒採用>
業種
ファインケミカル/無機化学/資源化学/エネルギー/環境/化学工学/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
私たち合同資源産業は、1934年(昭和9年)の創業以来、ヨウ素分野のパイオニアとして高品質かつコスト競争力のある製品を世界に供給してきました。また1960年代からは天然ガスの開発を本格化し、効率的でクリーンな天然ガスを供給してきました。             
現在は、.茱α如μ亀.茱α撚醜臺、⇒機ヨウ素化合物の製造・開発事業、ヨウ素リサイクル事業、さらにはづ形灰ス事業と、4つの事業を展開するとともに「ヨウ素のトータルソリューション提供」を掲げ、研究開発に取り組んでいます。
ヨウ素をコアとした特色のある「総合資源・化学」メーカーをめざし、顧客や社会の発展に貢献していきます。
私たちといっしょに働きませんか、そしてヨウ素分野のパイオニアになりませんか。エントリーをお待ちしています!
社 風
当社には迅速に目標を達成するために、管理部門・生産技術部門・研究部門から招集したプロジェクトチームや各種委員会があります。各部門の担当者が情報を共有し、コミュニケーションを図ることで先々の業務を素早く察知し、準備を進めることができます。 
また、製品の安定供給・工場の安全操業という企業責任を果たすため、万が一の事故を想定した社員による緊急救急体制を確立しています。
どちらも社員同士が信頼し合い助け合ってこそ素早く行動し、目的を達成できるのです。
そして、社内クラブ活動や九十九里での地曳き網などの厚生行事がその雰囲気作りに一役かっています。
資格手当制度
社員の能力が会社の底力になることは言うまでもありません。既存事業の領域拡大を目指す当社では社員が自己の業務に関する新しい知識・技術を習得することはもちろん、更に幅広く他の業務の知識・技術をアップさせることが必要となります。そして、そのことが作業の安全確保やお客様への安定供給につながるのです。
社員と会社の双方の向上を目的に、当社の規程で定めている資格を取得すれば手当を支給しています。
本社所在地
【本社】
東京都中央区京橋二丁目12番6号  
事業所
【千葉事業所】
千葉県長生郡長生村七井土1365
事業内容
【ヨウ素関連事業】

−ヨウ素・無機ヨウ素化合物事業−
当社は世界のヨウ素需要の約7%を担っており、当社のヨウ素製造工場は、単一工場としては日本最大の能力を誇ります。また各種化合物を製造し、ヨウ素利用の多様なニーズに応えるとともに安定供給に努めています。当社はヨウ素・無機ヨウ素化合物製造のパイオニアです。

−有機ヨウ素化合物事業−
有機ヨウ素化合物は、医薬品、写真薬等の分野に加え、近年は重金属酸化剤に代わる環境調和型有機反応剤として、また情報記録材料として、幅広い分野で需要があります。当社はこのニーズに応えるため受託生産から提案型生産まで一貫した生産・技術開発体制でのぞんでいます。

−リサイクル事業−
1960年代から、ヨウ素を含む使用済み溶液からヨウ素のリサイクルに取り組み、環境に優しい最新の技術を用いたヨウ素リサイクルに努めています。原料ヨウ素−ヨウ素化合物製造−ヨウ素リサイクルに至る、一貫し効率的な生産体制の構築を目指しています。


【天然ガス事業】
千葉県を中心に広がる南関東地域の水溶性天然ガス鉱床は「南関東ガス田」と呼ばれ、わが国の水溶性天然ガス生産量の90%を占めています。九十九里地域の水溶性天然ガスは、メタンガスが主成分(99%以上)で、腐食性ガスや有毒なガスを含まないクリーンなものであり、当社は主に都市ガスとして供給しています。
設立/創立
1934年(昭和9年)7月
資本金
6億3000万円
売上高
10,312百万円(平成27年10月1日−平成28年9月30日)
従業員数
158人
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.