株式会社エス・ディー・エス バイオテック
<2019年新卒採用>

つくば研究所

合成研究

製剤研究

性能評価
業種
農薬/ファインケミカル
企業PR
エス・ディー・エス バイオテックは、1968年(昭和43年)に設立された、殺菌・除草・殺虫の全ての作物保護分野で研究開発から製造・販売まで手がける出光興産グループの総合(原体、製剤)農薬メーカーです。離職率が低く、堅実な経営を行っております。

当社は、1968年の創業以来、研究開発型の農薬原体メーカーとして、防除効果に優れ、安全性が高く環境に配慮した製品を開発してきました。当社の原体は、水稲、果樹、野菜といった幅広い農業分野で使用され続け、なくてはならない存在になっています。今後も、保有原体ラインアップのさらなる強化、拡大を目指し、農薬の研究開発、製造から販売までを行う一貫型企業として、国内、そして海外の農業を支えてまいります。
農薬市場における当社のポジション
農薬製品は、有効成分である原体を製造し、その原体に補助成分を加え、実際に水田や畑で使用できるよう加工・製品化された後、ディストリビューターを通し市場に供給されます。
当社は、基本的には原体の研究開発・製造・販売を行う「原体メーカー」として、つくば研究所・みのり農事試験場にて、新農薬の研究開発に取り組んでおり、こうした研究開発体制から除草剤「ダイムロン」、「ベンゾビシクロン」を開発・上市するなど、これまで大きな成果を上げてきました。さらに、除草剤「カフェンストロール」、「テニルクロール」などの原体を他社から導入し、保有原体ラインアップを強化、拡大しています。
一方、主力製品のひとつである果樹・野菜用殺菌剤「ダコニール」においては、原体だけではなく、製品の開発・製造まで行い、日本・アジア・オセアニア地域の市場において、長年にわたる販売実績があり、ディストリビューターとの強力なリレーションシップを確立しています。
このように、当社は原体だけではなく、製品の研究開発・製造・販売までを行う一貫型個性派農薬メーカーであり、その特徴を活かして、これからも安定的・持続的な成長を実現してまいります。
本社所在地
【本社】
〒103-0004 東京都中央区東日本橋1−1−5  ヒューリック東日本橋ビル
事業所
【研究所】
 つくば研究所、みのり農事試験場
【工場】
 横浜工場
【海外】
 ソウル支店、フィリピン駐在員事務所
事業内容
殺菌剤、殺虫剤、殺線虫剤、殺虫・殺菌剤、生物農薬(殺虫剤)、生物農薬(殺菌剤)、水稲除草剤、芝生用除草剤、緑地管理用除草剤、植物成長調節剤、くん煙剤、捕虫製品、微生物資材、特殊化学品関連製品など
設立/創立
1968年10月7日
資本金
8億1036万円(2017年3月31日現在)
売上高
14,988百万円(2017年3月期、連結)
従業員数
162名(2017年3月31日現在、単体)
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.