東洋合成工業株式会社
<2019年新卒採用>






業種
総合化学/高分子/ファインケミカル/電子材料/化学工学/食品化学/その他機能性化学品(有機・無機)
企業PR
私達は創業以来、半世紀以上に渡って研究開発を進めてきました。「当社の生命線は研究開発にある」を理念に、独創的な視点を大切にした研究開発を続けています。世界の動向や市場ニーズを見据え「次の次」を想定した先見性は、各方面より高い評価を頂いております。それを可能にしているのは、「人類文明の発展に貢献したい」というマインドがあるからこそ。このマインドを育み、高次元で開花させる能力開発の為に私達は努力を惜しみません。
私たちはこんな
事業をしています
当社は、半導体やフラットパネル(液晶・有機EL等)の製造に使われる感光性材料を供給する感光性材料事業、食品やトイレタリー製品に使われる香料材料の供給と、半導体やフラットパネル等の最先端の電子機器の製造に使われるファインケミカル製品の供給や化学品のリサイクルを行う化成品事業、お客様からお預かりした化学品の物流管理を行うロジスティック事業の3分野を展開する化学素材メーカーです。
【事業優位性】
当社の製品は皆さんの快適な暮らしに貢献しています
当社が提供している製品は、いわゆる消費者向けではありませんが、皆さんの暮らしの中で、実は様々なかたちで使われています。例えば、就職活動に欠かせないスマートフォンやパソコン、生活を便利にする自動車やテレビ、LED照明、生活を豊かにする香水、シャンプー等のトイレタリー製品、化粧品や食品等、多岐にわたります。当社は化学技術の力で皆さんの快適な暮らしを支える素材を作っているのです。
【戦略・ビジョン】
当社の生命線は研究開発と技術開発にある
当社製品の源には、お客様の多種多様な要望に応える研究開発と技術開発があります。EUVリソグラフィー、ナノインプリント用樹脂、機能性触媒、ファインケミカル等、新規化合物の基礎研究開発から新機能・新用途に展開する応用研究開発、工場での量産化を検討するスケールアップ研究開発等、製品化までの様々な段階で研究開発を行っています。またその基礎となっているのが、60年以上培ってきた製造現場での有機合成技術、高純度化技術、評価技術です。ベテラン社員が若手社員に研究開発のノウハウや固有技術のスキルを受け継ぎながら、新たな研究開発、技術開発に積極的にチャレンジしています。
本社所在地
東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル8階
事業所
千葉工場(千葉県香取郡東庄町)、市川工場(千葉県市川市上妙典)、淡路工場(兵庫県淡路市生穂新島)
高浜油槽所(千葉県市川市高浜町)、感光材研究所(千葉県印西市若萩)
西日本営業所(大阪府大阪市淀川区)、上海事務所(中国)、ロッテルダム倉庫(オランダ)
事業内容
●半導体・液晶表示装置等の微細部加工に使用される感光性材料の研究開発、製造・販売。
●フレグランス、フレーバー向けの香料材料の研究開発、製造・販売。
●リチウムイオン二次電池の材料となるイオン液体・電解液の研究開発、製造・販売。
●ナノテクノロジー、バイオ分野の研究開発。
●廃溶剤を回収、精製分離するリサイクル事業。
●液体化成品の保管業務。
設立/創立
1954年9月27日
資本金
1,618,888,703円
売上高
18,183,000,000円
従業員数
630名
Copyright(C); 2013, The Chemical Society of Japan. All Rights Reserved.